「顔の見える」信頼関係が信条

HOME >得意分野 >医療過誤(ミス)をめぐる問題

得意分野

【裏打ちされた実績】

 医療訴訟は専門訴訟であり,患者側弁護士にとって非常に難しい分野です。医学という専門分野が争点になること,そのため協力医が必要不可欠ですが,患者側に協力してくれる医師を探すのが難しいこと,また,医療は診察室,手術室など密室の中で行われますので,事実関係に争いがある場合に事実を立証することが難しいことなどが指摘されています。この点,協力医については,医療事故情報センター(事務所:名古屋市)から紹介を受けるなどして協力医を確保してきました。
 また,法的にも,医療訴訟は過失論,因果関係論,損害論など医療訴訟における判例の到達状況を踏まえながら検討する必要があります。特に,過失論については,レトロスペクティブ(後方視的)とプロスペクティブ(前方視的)という観点からの考察が医療訴訟特有です。
 私たちは,医療被害者の救済ももちろんですが,医療が人の命・健康に関わる重要なものであり,それゆえ同じような事故が再び発生しないためにも医療訴訟に取り組んできました(患者側のみ)。当事務所が取り扱った医療訴訟の件数ですが,和歌山県内の上位にあり,これまで納得していただける解決をしてきたものと自負しています。

【ポイント】

 医療事故ではないかと思うようなことがあれば,すみやかにご相談いただき,その後,証拠保全の申立ても視野に入れながら,医師や病院とどのように接してゆくべきかについて検討しておくことが有益です。医師や病院が自発的に責任を認めることはほとんどないからです。
 また,死亡事案であれば,死因について後日争いが生じないように解剖しておく必要があります。解剖することは遺族にとってかなり抵抗があると思いますが,解剖していなかったことによって具体的な死因が争いとなり,結局,どのような医学的機序で死亡したのか,立証に難渋した事例もあります。
 例外的に素人でもわかるような明らかな過失によって死亡したとしても,提示してくる損害額がかなり低いということはよくあります。これは病院の契約している保険会社の査定額が,裁判になった場合の水準よりかなり低いからです。病院が過失を認めている場合でも,ご相談下さい。

ページのトップへ